• 讃岐賢一(管理者)

草刈りに要注意(´・ω・`)


夏真っ盛り。庭の草は伸び放題。そんな時に当然草刈りをするとは思いますが、草刈りの時に発生する草の汁が実はくせ者。ズボンなどに付着してすぐの時には気づかなくても、あとで茶色いシミとなって浮き出てきます。

このズボンは、お客様が草刈りをした後自分で洗ったら、茶色いシミが出来ていたとのこと。

草の汁に限らず、果汁等でもこのようなことがあります。ミカンの汁で半紙に字を書いてあぶって浮き出させる『あぶり出し』や、皮をむいたリンゴがだんだん茶色く変色するのと同じです。

空気中にある酸素が結合し、発色する『酸化発色』という現象です。

こうなってしまうと洗剤だけの力では落とせませんが、漂白処理をすればこの通り。真っ白になります。

家庭でも、市販の酸素系漂白剤を使えば落とすことは可能です。

商品名で言えば、『ブライト』とか『ワイドハイター』とか。

酸素系漂白剤の中にも液体のもの・粉末状の物がありますが、粉末の方が効果が高いでしょう。 ここで注意していただきたいのは『塩素系漂白剤』(商品名で言えば、『ブリーチ』・『ハイター』など)は真っ白なもの以外には使えません。

面倒・自信がない・よくわからない・お気に入りで絶対失敗したくないという場合は、無理をせずプロにお任せください。

#シミ抜き #漂白

8回の閲覧

お問い合わせ 有限会社ラブリーチェーン TEL 0493-72-2549 E-mail usagi_lovery@yahoo.co.jp

© 2023 by DRY CLEANING. Proudly created with Wix.com

  • Facebook Classic