• 讃岐賢一(管理者)

ファブリーズでは洗えない…


久しぶりのブログです。

今日はファブリーズにケンカを売るようなタイトル(笑)

礼服の肩口に白いポツポツ。消臭スプレーでポツポツが浮き出てしまったとのこと。

ま、そういうこともあるでしょうね。

ここでファブリーズの解説を少し。

ファブリーズのトウモロコシ由来の消臭成分【Cy 】=シクロデキストリンという物質はブドウ糖(グルコース)が6~8個結合したもの。

ブドウ糖といえば最近森永のラムネが『ブドウ糖90%』を謳っています。それが結合した物質ももちろん固体。それを水に溶かしているわけです。

ポツポツにはならなくとも、しみ込んでガビガビになっていくことは容易に想像がつきます。

さらにお洋服が水溶性の汚れを持っていた場合、そこにファブリーズ(いや、水でも可)をスプレーすると、その水分に水溶性の汚れが吸い寄せられて、一旦溶けます。しかし水はそのうち蒸発。そうすると水分があったところに汚れが集積されるのです。

ワックスがけした車についた水滴を放置すると、乾いた後に水玉状の汚れが残るのと一緒ですね。

さらに言うと、このような現象は撥水加工を施した洋服でもよく見受けられます。撥水されて生地上で玉になっている水滴に汚れが取りこまれると、のちに乾いたときにくっきりとシミになってしまいます。

ファブリーズは除菌・消臭という効果はありますが、決して洗ったことにはなりません。

『ファブリーズでごまかそう』というキャッチフレーズの方が正しいと思う今日この頃…

#シミ抜き #ファブリーズ

0回の閲覧

お問い合わせ 有限会社ラブリーチェーン TEL 0493-72-2549 E-mail usagi_lovery@yahoo.co.jp

© 2023 by DRY CLEANING. Proudly created with Wix.com

  • Facebook Classic